わたくし! さかなや !! 今日も元気です!!!
柳葉魚/シシャモ........... 北海道産の「生ししゃも」ですよ!!
d0069838_9542327.jpg

*本日は魚介の紹介です...........














柳葉魚/シシャモ













*生のシシャモを仕入れました。
シシャモといえば「丸干し」を連想しますよね!
お値段が安くて、子持ち..........しかし、お手頃なシシャモのほとんどは「樺太柳葉魚(カラフトシシャモ)」です。
近年ではパッケージに「カラフトシシャモ」又は「カペリン(キャペリン)」と、ちゃんと記載されています。
このカラフトシシャモも美味しいのですが、本柳葉魚!これは格別に美味い!!
お値段も10倍〜.............高級魚ですね!!!





d0069838_1051811.jpg




*柳葉魚は産卵期になると、産まれた河川に戻ってきます。
それが10月〜12月頃。
この時期が漁の解禁になります。(10月.11月に漁獲されます)
鵡川(むかわ)の柳葉魚が有名で、「すだれ干し」は風物詩になっています。

今回、仕入れた「ししゃも」は登別、虎杖と発泡に記載されていました。






d0069838_10244687.jpg




<旬>

10月中旬〜12月頃まで。
(漁の解禁)




<選び方>

★好みによって分かれます。
オスは身質が良いのでシシャモの身を味わって下さい。
メスは「卵」を持ちますので、「子持ちシシャモ」と呼ばれます。
こちらは「卵」を味わって下さい。


メスの場合は腹が張っているもの。
ヌメリが少なく、ウロコがハッキリしているもの。
目が黒々と澄んでいるもの。

*国産のシシャモは肌の色がピンクがかっています。
それに比べ、カペリン(カラフトシシャモ)は、肌の色が青味がかっています。





<食べ方>

丸干しでしたら焼く!最高に美味しいですよね!!
生のシシャモでしたら、塩焼き、煮物、唐揚げ、天麩羅、昆布締め、南蛮漬け、マリネにすると堪りません。
鮮度がよければ「酢締め」もイケますよ!!









*本柳葉魚を大きくUP。
d0069838_10485224.jpg



*オスは産卵期になると婚姻色になり、背の部分が黒っぽくなります。
そして、尻びれも大きくなります。

カラフトシシャモ(カペリン)との見分け方は「肌の色」、「ウロコの大きさ」などを見比べて下さいね!



★肌の色.............
シシャモ=ピンクのような肌

カラフトシシャモ=青味がかっている肌




★ウロコ...............
シシャモ=大きい

カラフトシシャモ=小さい(又は無いように見えます)







*生のシシャモはこの時期のみです!!
旬の柳葉魚を食べてみて下さいね!!




「クリック」して頂けると「さかなや」は大喜びします!
ランキングに参加しています!宜しくお願いします。

    ⇩    
にほんブログ村 料理ブログ 男の料理へ ←これぞ!男の料理です!.......そんなブログがイッパイ!
    ⇩
人気blogランキングへ ←こちらは日々の素敵な料理ブログが満載です!

by n-sakanaya | 2007-10-19 11:00 | 魚介の紹介 | Trackback | Comments(16)
トラックバックURL : https://nsakanaya.exblog.jp/tb/6401949
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あかまる at 2007-10-19 12:22 x
これぞ本物のししゃもですね~たべた~い~
Commented by umisanjin at 2007-10-19 12:51
生は食べたことが無いんです、、、(泣)
これの干物は、なんとも言い難いくらい旨いですね。
稀にスーパーで売ってたりします。勿論、本物ですよ!(汗)
あぁ、、、お酒が飲みたくなってきました!^^;
Commented by tyuuka-syubou at 2007-10-19 12:58
こんにちは。

すっ、すごい!
初めて生を見ました~。
食べてみたいです。^^

今日はキンキを買って来ました。
夕食が楽しみです。(笑
Commented at 2007-10-19 13:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2007-10-19 13:51
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 小春の母 at 2007-10-19 14:45 x
数年前に 主人の両親に本物のししゃもの干物をお歳暮に送りましたが
何の感想もなく・・・
普段口にしている いんちきなほうがきっと美味しいと感じたのかもな~
と思っていました。
たしか 子持ち支社物干物で一匹辺り300円近くについた気がします。
260円? その辺

とても貴重なんですよね~

生なんて見たことないです!
Commented by n-sakanaya at 2007-10-19 20:07
>あかまるさん、こんばんは!

生の北海道産「シシャモ」!
近年、見ませんでした...........流通って凄いです。
一見、「ワカサギ」のように見えますが、立派な国産柳葉魚!!
あぁ〜私用に仕入れます。
(チョット多めに仕入れたので、私の口に入ると思ったのですが;号泣)

美味いですよね!!
Commented by n-sakanaya at 2007-10-19 20:11
>海山人さん、こんばんは!

美味しいですよね!!
国産の柳葉魚!!!丸干し堪りませんよね!!!!!!
お値段も........でも、このシシャモを食べたら別物と感じます。
ふわっとした身質と、上品な味わい。
あぁ.........食べたくなってきました。

生も美味しいです!
この時期限定、私もまた仕入れま〜す!!(ドキドキ)
Commented by n-sakanaya at 2007-10-19 20:17
>tyuuka-syubouさん、こんばんは!

私も生は、ほとんどお目にかかりません!
お値段も良いですが、この時期限定なので仕入れてしまいました。
私用に多めに仕入れたのですが、珍しいのと、TVで放映したらしくマッハで売り切れてしまいましたよ〜(喜び&チョット食べたかった;大汗)

師匠!「キンキ」ですか!!
う、羨ましい〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
もちろん、ブログでUPしていただけるんですよね〜(笑)
メッチャ楽しみにしています。(ワクワク)
Commented by n-sakanaya at 2007-10-19 20:20
>鍵コメさん、こんばんは!

うっ........温かいコメントを頂き涙が............
有難うございます!!!

早速!アドレスブックに登録をさせていただきました。
何かありましたら、すぐに送らせて頂きます!!!!!
(大感動!!!)
Commented by n-sakanaya at 2007-10-19 20:21
>鍵コメさん、こんばんは!

有難うございます!
助かりました...........ふぅ.............
教えていただけなければ、ヤバかったですね!!!

これからも御指導をお願い致します!(感激)
Commented by n-sakanaya at 2007-10-19 20:27
>小春の母さん、こんばんは!

そうだったのですか!
小春の母さん、多分........シシャモは「こういう味だ!」と先入観で思っていられたのでしょうね。
本物の国産柳葉魚を食べると、また違った魚に思えるかもしれません。

小春の母さん!そうなのですよ!!
カペリン(カラフトシシャモ)一パックで国産シシャモが一尾分。
高いですが、その価値はあると思います。


柳葉魚の生は、私もほとんどお目にかかれません。(涙)
今年は目にする機会が多いですよ!!
私もまた仕入れます!
あぁ〜楽しみです!!!(ワクワク)
Commented by 小夏 at 2007-10-19 23:28 x
@@! すごいすごいっww
生が出回ることがあるのですね~!
うっわぁ~、またお楽しみができました~^0^

Commented by tyuuka-syubou at 2007-10-20 02:46
こんばんは。

食べる前にコメント見るべきでした。
もうお腹に・・・(汗
Commented by n-sakanaya at 2007-10-20 10:52
>小夏さん、こんにちは!

そうなのですよ!
今年は「生柳葉魚」が出回っています!!(感激)
お値段もよいですが、この季節限定なので(生は)思わず仕入れてしまいました。
私は塩焼き又は軽く酢締めにして食べたいです..........
売れてしまったので、私の口には入りませんでした。(涙)
売れて嬉しいのですけどね!!!
Commented by n-sakanaya at 2007-10-20 10:54
>tyuuka-syubouさん、こんにちは!

なっ!
食べてしまわれたのですね〜!!
美味かったんだろうな.............ゴクリ

tyuuka-syubouさんが料理をされた「キンキ」、た、食べたぁ〜い!!
もうお腹に入ってしまったのですか。
あぁ〜ヨダレが出っぱなしですよ〜(笑)
<< 疣鯛/イボダイ........... 蛸の豆板醤和え........... >>