わたくし! さかなや !! 今日も元気です!!!
可愛いお目々......眼張(メバル)
d0069838_11333076.jpg


綺麗で可愛らしいお魚です。大きく開けたお口がとってもキュートですね!

上の写真は赤眼張です。
その他の種類で黒眼張と言う、肌の黒い眼張がいます。
どちらかと言えば黒眼張の方がお値段は高く、美味しいとされています。
 
でも、赤眼張だって十分美味しいんですけど...。
もともと同じ魚で、棲んでいる深さが違うって言う話ですし。
まぁ、環境で肌の色が変わったり味にも差が出てくるんでしょうけど(汗)。

よく赤眼張のことを「たけのこ」って呼ぶ事があります。
市場でもよく耳にする愛称なのですが、たけのこが出始める時期に獲れはじめる魚....。
だからそのような愛称がついたようです。


は春から夏!この時期もおいしいですよ!
お煮付け、塩焼き、蒸し物、揚げても良し!淡白な白身魚で身離れもよく食べやすいので「なんでも屋さん」なのです。
      私はやっぱり煮付けが好きかなぁ....こってりとした甘めの煮汁で。

眼張の選び方

まず特徴のある目、黒眼が澄んでいるもの。エラが赤々しているもの。
そして、皮が「がさがさ」してない張りのあるもの...。
(すいません、表現がわかりにくいですね。)
最後に、丸々太った眼張を探して下さい。

欲張って、あまりにも大きい眼張を選ぶと後悔しますよ!脂が抜けていて身がパサつきます。(小さすぎてもいけませんが...。)



またまた余談です。............すいません(汗)


眼張の胸ビレのそば、エラブタのところですね。そこに尖っている部分があるんです!

気を付けて下さいよぉ!    

ぶすっと!きますから.....私も何度かヤラレました。
最近は注意しているので、そんなミスを犯しません!魚屋ですから!

ちょっと注意し過ぎて、背びれがまた「指と爪の間」に刺さったくらいです....(号泣)
イサキであんなに酷い目にあったのに、やっぱり間抜けだぁ(反省)

気を抜かないで下さい!
        
        
        ヤツはフェイントを織り交ぜて攻撃してきますから!!





にほんブログ村 料理ブログへ
# by n-sakanaya | 2006-06-16 11:43 | 魚介の紹介 | Trackback | Comments(2)
肴....お酒の友。
d0069838_20224368.jpg

           上の写真は「青とうがらし...もろみ
           こりゃまた美味い!
           青唐辛子と言えば凄い辛い印象がありますが!
           結構、まろやかな辛さに抑えています。
           
           お酒を呑む時、あまり摘まない私には丁度良い!
           これだけで、日本酒なら二合は軽くいっちゃいますね!!              しかし、家族の視線が痛い.....(汗)。
           
           「きゅうり」や「エシャレット」&「谷中しょうが」に添えても
           美味い!!
           もともと、金山寺味噌は好きなんですが....。




d0069838_20471887.jpg


           パッケージです。

           「ダイエット効果」「冷え症予防に」と見えないですが
           コメントで記載されています。

           ダイエットの記載に心躍された私ですけど....。
           わたくし、暴飲暴食なもので(汗)そちらを見直さないと!!!

           もちろん!焼酎にもバッチリ合います!


にほんブログ村 料理ブログへ
# by n-sakanaya | 2006-06-15 21:07 | 和. 酒の肴&料理 | Trackback | Comments(0)
海のパイナップル......海鞘(ほや)です。
d0069838_11204542.jpg


見た目はグロテスクですねぇ。初めて食べた人は、勇気がある方なのでしょう。

この海鞘は三陸地方でよく食されている魚介なのですが、最近は全国で手に入れることが出来ます。
海鞘は「貝なの?何なの?」とお客さんによく聞かれますが、原索動物の一種らしいです。私にもさっぱり...。  

海鞘=原索動物で詳しく説明していました。
すいません、勉強不足ですね。

海鞘の旬は夏場です。
今月から美味しくなりますよ。
味はちょっと?(ちょっとどころじゃないかも...。)クセがあります。
初めて食べる人は「うぉっ!」ってなるかもしれませんよ。何しろ磯の香りと、独特な味が強烈に襲ってきます!しかし、食べ慣れてくるともう病みつきになるそうです!......私はちょっと苦手かな(汗)でも、うちの親父は大!大!大好物!です。
本当に好きな方は、海鞘の汁をご飯にかけて食べたいくらいだそうです。

海鞘の選び方。

表面の色が濃いもの。海鞘全体がぷっくりしていて、香りが強いものを選んで下さい。

あと、むき身になって売っている物はなるべくオレンジ色が強く、肉厚なものを選んで下さい。

食べ方は、刺身.酢の物が定番です。「きゅうり」や「わかめ」など一緒に添えると美味しくいただけます(親父談)。あっ!海鞘の塩辛は私も好きです!


余談ですが、海鞘の皮を剥くため包丁を入れたんですね。
そうしたら「ぴゅっー」とわたしの顔に汁が直撃!鼻の中にもしみ込んで、その日一日海鞘の香りを堪能しました。
くれぐれも包丁を入れるときには気をつけましょう...。

ヤツは飛ばしますよぉ......!



にほんブログ村 料理ブログへ
# by n-sakanaya | 2006-06-15 11:43 | 魚介の紹介 | Trackback(1) | Comments(6)