わたくし! さかなや !! 今日も元気です!!!
素敵な珍味....莫久来(ばくらい)
d0069838_74731.jpg

この珍味...知っていますか!?

この珍味の名は莫久来と言います。

以前に私のブログで紹介した「海鞘(ほや)」
「このわた」.....海鼠(ナマコ)の内蔵の塩辛なのです。    →「海鞘の記事

すごいブレンドです!

珍味+珍味なのですから!......もの凄い事になってます。

好きな方は、この莫久来だけでご飯「3杯」いけちゃうらしい....(驚)。
そんな私も、結構好きなんですけどね。
生の海鞘はあまり食べませんが、塩辛は別です(汗)何故かはわかりません....。
莫久来が少しあれば、お酒を呑み過ぎてしまい後で後悔(涙)

d0069838_8494912.jpg
                  現物です


もし莫久来を見つけたら食してみて下さい。
「ハマる!」か「二度と食べ無い!」かどちらかでしょうね!(笑)
私は、一発でお気に入りに追加しましたよ....お酒の量も増えましたが(汗)。


さあ、今日はお仕事お休み!
スーパー銭湯にでも行って、お風呂に入ってこよっと。



にほんブログ村 料理ブログへ

人気blogランキングへ
                                                           魚屋言葉   110.1100円=ナラビ.ピンピン
# by n-sakanaya | 2006-06-28 08:53 | 和. 酒の肴&料理 | Trackback | Comments(12)
私の友達....Type1
d0069838_9184372.jpg

私が自動車の免許を取ってからずっと所持しているBEETLEです。
かれこれ、十何年の付き合いになります...。
最近、あまり乗ってないのですが(涙)




d0069838_9335844.jpg   

d0069838_9362593.jpg



70年式 アイロンテール

スターターの故障みたいで早く修理しなくちゃ(涙)

はぁ...夏はこの車サウナに変わります。
# by n-sakanaya | 2006-06-27 09:44 | その他 | Trackback | Comments(3)
空を飛ぶ魚....飛魚(トビウオ)
d0069838_9405011.jpg

今日は空を飛ぶ魚飛魚を紹介します。

この飛魚、海面上を飛ぶのです!
        ......って誰もが知っているとは思いますが、まずは参考に(汗)

飛魚の種類は何種類かあるみたいです。
私の店では大トビ丸トビが多いですね。

私の仕入れに行く市場では、八丈島や伊豆の方からよくきます。
九州出身のお客さんはよく「あご」と呼びますね。
出汁を取ったり「つみれ」にしたりと料理の幅が広い魚です。




春先から夏まで。
今の時期、市場でよく見る事ができます。


選び方

肌の色が鮮やかで腹がしっかりしている物。
目が澄んでいる物
飛魚自体が「シャキッ」とまっすぐに張っている物.......またわかりづらい(涙)


飛魚は「塩焼き」「フライ」「つみれ」...どんな料理にしても美味しくいただけます。
活きが良ければ刺身にしても美味しい。
飛魚の卵...とびっこもありますね。
塩焼きは焼きたてが美味しいです、冷めると「ぽそぽそ」してしまうので...。
飛魚のくさやも有名です。
酒の肴にどうぞ...焼ける場所を確保して下さい(汗)。



余談です....。

私がまだ幼い頃、よく家族で夏旅行に出掛けていました。
伊豆に行くことが多く、幼い私は毎年楽しみにしてたものです。

ある年に伊豆の「戸田(へだ)」に行く機会がありまして、海水浴や釣りを楽しんだ記憶が鮮明に残っております.....。
その戸田でとびうお漁をしたことがあります。
漁とは言っても観光で参加するというものでした。
(もちろん有料でした。まだやってるのかなぁ!?)

夜、漁船に乗り(結構、沢山の人が参加してたような...)長い網を持って待機。
船が照明を点けると、沢山の飛魚が水面から飛び出して来るのです!
船から網を延ばすと、勝手に飛魚が網の中へ飛び込んできます....面白いように。

まさに.....飛んで火に入る夏の虫ではなく

             
       
       飛んでアミ入る夏のトビでした.....。


                                                                     お粗末様です...(涙)


にほんブログ村 料理ブログへ

人気blogランキングへ
                                                                    
# by n-sakanaya | 2006-06-26 14:05 | 魚介の紹介 | Trackback | Comments(8)