わたくし! さかなや !! 今日も元気です!!!
馴染みの小料理屋にて...
今日でブログ始めて一週間目!

酒呑みの私がよく出没する小料理屋があるんです。
ここのは、なにしろ全て旨い!!!

この店の主人はってものをよく知っているんだこれが。だから、いつも旨い品を出してくれる。
私の嗜好を熟知しており。私が頼むのは、最初に一品か二品くらい。
もともと、呑みながらあまり食べない方なのでこんなもんです。

一人の時にはカウンターで呑むのですが、タイミングを見計らってカウンター越しから酒の肴すぅっと出てくるんですねぇ...。頼んでもいない酒の肴が....。
しかしそのつまみが旨い!呑んでいる酒に合わせて食材を調理してくれるんですよ!
最高に幸せな気分にさせてくれる男(友人なんでこう呼ばさせて貰います)なんです。

あと酒にも詳しく、店には沢山の銘柄が処狭しとならんでいます。
特に日本酒焼酎については充実しており、常に新しい銘柄がならんでいるのがまた嬉しい。


d0069838_1015019.jpg
すぅっと出てきた一品目。   

左の品から、勘八(間八)の煮付け、真鯛の真子を炊いたもの、梅くらげに松前漬け、蕗味噌...そして大好きな鱧(ハモ)!
少しずつなのがまた嬉しい。鱧だけは追加しちゃいました。



d0069838_1432351.jpg
これは、私が頼んだ一品。

かなぎと言う魚。
炙って食べた。九州で獲れるらしいがよくわからない....。
よく見るとカマスに似ているけど見かけより脂がのっていて美味。



d0069838_14452711.jpg
すぅっと出てきた二品目。 

ごめんなさい、少し食べてから写しました。
ウドのきんぴら。この時さっぱりめの芋焼酎を呑んでいたので、           これまたグッドでした。




d0069838_14584141.jpg
すぅっと出てきた三品目。

白瓜の自家製キムチ。この時点で、もういい感じで酔ってます。
まだほかのもつまんだけど、酔っぱらって写すの止めた。




あれ...........。

呑みながらあまり食べないとか言ったよなぁ...........結構、食べてるじゃん!!!

だ.か.ら..太るのか!

おぉ〜い!このたるんだをなんとかしてくれぃ!





この小料理屋で面白い出来事があれば、またブログに載せます。

.......最近、文章の表現が変わってきた。すいません。こんな感じで続けて行きます。あしからず........。





にほんブログ村 料理ブログへ
# by n-sakanaya | 2006-06-11 10:06 | 馴染みの店 | Trackback | Comments(7)
今日は鶏魚(イサキ)!
d0069838_1027591.jpg








d0069838_1257066.jpg





「この魚見たことあります?」
 って言っても
「はいはい、知ってますよ」で返されそうですが、この魚も本当に美味い!!

漢字だとまったく読めないけど、うちの店では伊佐木とかイサキと看板に書いてます。

このイサキ、ちっちゃい頃は「ウリボウ」って呼ばれてます。ウリボウってあのイノシシの赤ちゃん!その肌の模様に若魚はそっくりなんですよ!実際見たら頷けると思いますが、今朝市場に無かった...写真で見せたかったのに。
残念です。

さて、このイサキ...背びれがこりゃまた堅いうえに鋭い!
私が捌いていると、その背びれで刺してくるんですよ!死んでるのに....。
それとも、勘違い?私がボーっとして捌いてるのかも...。
皆さんも気をつけて下さい。私みたいに間抜けな人間を、ピンポイントで指と爪の間を背びれで狙ってきますから!プスッと!

すいません、話が本題から外れてきたので元の内容に修正します。

さあ!話は戻りましてイサキは今が旬!!。

選び方は、肌のツヤと張り、エラが赤々したもの、身の厚いもの(何匹か背を上にして並べるとわかります)を探す。
よく、「魚は目を見ると鮮度がわかるよ!」なんて言うけどイサキには通用しないんです。この魚は新鮮でも目がなんか濁っているような感じなんですよ。







d0069838_10274529.jpg






料理方法は、塩焼き最高!!
  お刺身。ムニエル。揚げ物 。
     など食材としては万能な魚です!

ぜひ食べてみて下さい。 
       〜わたしはシンプルに塩焼きや刺身、カルパッチョなどで食してます。
                      酒呑みなもので....。
                         




にほんブログ村 料理ブログへ
# by n-sakanaya | 2006-06-10 12:59 | 魚介の紹介 | Trackback | Comments(0)
本日は、鰖(タカベ)を紹介します。
 今まで綴ったブログでは文章が堅苦しかった!?のでもう少し楽にいきたいと思いま す。
   

d0069838_20292913.jpg


このタカベって魚、見たことありますか?
この魚、背びれのところに綺麗な黄色いラインがありますよね!
肌の色も青いような緑色のような..。
タカベは海の中で泳いでいる時、凄く綺麗な肌をしているんです!例えるとコバルトブルーのような色で黄色いラインが美しく、本当に綺麗な魚です。
海から揚げると、たちまち肌の色が落ち着いちゃうんですが...。

私が仕入れてくるタカベは、伊豆辺りから水揚げされたものが多いですね。
旬はこれから七月〜八月が一番脂がノッテ、本当に旨いです!
ちらほら市場にも顔を出しはじめていますが、もう少し待つと形が良くなって脂のノリが格段によくなります。(もう仕入れて売ってますが....)


タカベの選び方としては、まず肌の色!黄色いラインがくっきりしている肌全体が鮮やかなもの。
姿がずんぐり、丸っこいタカベを探して下さい。
鮮度が落ちてくると、肌がくすんで黒っぽくなります。

旨い食べ方としては、やっぱり塩焼き!!!!!
煮付けも良いですが、私的にはこれからの季節キンと冷えた冷酒でやりたいものです。
その他にも。活きが良ければ刺身でもO.Kです。
私の気に入っている食べ方として、タカベの内蔵を抜いた後に白味噌を詰めて焼く!!!これは絶品!!!!、タカベから出る脂と白味噌が混じり合い..身をほぐしてツケながら食するとおもわずお酒が!!!もちろん、炊きたてのご飯にも最高です!!。(小料理屋の友人に教えてもらい、それからずっと。)

今日紹介したタカベ、今の時期しか出回らないのでぜひ食べてみて下さい!。

タカベについて、知りたい事があれば気軽にコメント下さい。





にほんブログ村 料理ブログへ
# by n-sakanaya | 2006-06-09 22:05 | 魚介の紹介 | Trackback | Comments(4)