わたくし! さかなや !! 今日も元気です!!!
信州サーモン/長野県水産試験場で養殖されたご当地サーモン
d0069838_10304918.jpg



久々の魚介紹介記事です

今回は養殖サーモン、ご当地/ブランドサーモンになります

このサーモンは長野県水産試験場で養殖されている新しいマスの品種で名前は








信州サーモン






d0069838_10315125.jpg

ニジマスとブラウントラウトの良い部分、長所を持つマスが信州サーモン
少し調べたのですが、ニジマスは養殖(育て)しやすく、肉質が良い
ブラウントラウトはウイルスや病気に強いとのことです。








d0069838_10330220.jpg




普通にニジマスとブラウントラウトを交配させても、その子はほぼ死んでしまうとのこと。
ですので三倍体と言う個体を作り信州サーモンを生み出しました
*三倍体はオスもメスも子を産むことがなく、本来ならば卵巣や精巣に回る栄養が成長にまわり普通よりも大きく、身質も良くなるそうですよ
(信州サーモンは全て雌とのことです)








d0069838_10333504.jpg




この方法は遺伝子組み換えではなく、食品として危険性は無いとのこと
そして自然界に逃げ出しても繁殖力が無いので生態系を狂わすことも無いらしいです









d0069838_10341253.jpg





信州サーモンのお顔









d0069838_10345157.jpg



<旬>

養殖、三倍体のため旬は無いようです






<選び方>

1尾で売られていることは少ないと...........

一応目利きを書きます

・身にハリがあり、目が澄んでいて魚体の斑紋が鮮やかなもの

・エラが赤々と鮮やかなもの

・養殖物ですので大きさなどは揃っていると思います

刺身用のサクの場合は身の色が鮮やかなものを選ぶと鮮度が良いものになります。






<食べ方>

・お刺身、揚げ物、ホイル焼き、ムニエルなど

やはり刺身が一番のオススメ









d0069838_10362186.jpg



捌いて食べたのですが、ほどよい脂と癖が少ないサーモンでした

讃岐さーもんよりも食感が良かった感がありました









d0069838_10365248.jpg



値段は少しお高め

ノルウェーサーモン、讃岐さーもんよりも上でした









d0069838_10384586.jpg



サケ科特有のアブラビレ/シキ(赤矢印部分)









d0069838_10375609.jpg



丸くまとまった尾びれは養殖特有ですね



個人的に気になっているマス、サーモンは栃木の八潮鱒(ヤシオマス)、群馬のギンヒカリ、山梨の甲斐サーモン

機会があったら仕入れてみたいです














画像をクリックで、購入ページへ行けます。







画像をクリックで、購入ページへ行けます。







アメブロ
魚屋三代目日記







ランキングに参加しています!
宜しければバナーをポチッとしていただけると................
お手数をおかけしまして本当に申し訳ございません。
宜しくお願い致します。

魚屋三代目日記 「さかなや」 の順位は!?
   ⇩    
にほんブログ村 料理ブログへ ←素敵な料理レシピが盛り沢山!私も参加しています!! 
   


 ← 素晴らしいレシピ集!私も参加しました!!






by n-sakanaya | 2017-06-22 10:39 | 魚介の紹介 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://nsakanaya.exblog.jp/tb/24578760
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< メシ通『魚介を使った簡単レシピ... メシ通『魚介を使った簡単レシピ... >>